グローバル・エスエフでは、世界の逸品を紹介しています。

header_logo.gif

新着記事

2010年07月24日

京都大学の研究成果

○すばる望遠鏡 謎のダークガンマ線バーストの正体に迫る
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100721_1.htm

○相互作用が競合する三角格子上の量子スピン液体が超低温で示す新しい自発的対称性の破れの発見−スピンの「超」液体状態−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100712_1.htm

○植物病原性カビの新たな侵入戦略の発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100707_1.htm

○CCR1阻害薬が未分化骨髄球の集積を阻害して大腸がん転移を抑制することを解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100629_1.htm




posted by Mark at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

京都大学の研究成果

○論説「ヒト多能性幹細胞株のバンキングは臨床応用に役立つか?」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100622_1.htm

○治療抵抗性慢性骨髄性白血病に対する新規薬剤の前臨床研究について
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100616_2.htm

○高齢者の転倒予防のための新しいエクササイズを発表−イメージキャラクターやロゴマークを京都精華大学との共同プロジェクトで制作
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100616_1.htm

○神経細胞における新たな活動調節のしくみを解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100614_1.htm

○自然の複雑な気温変化から植物が季節を知るしくみ−気候変動に対する植物応答の予測に向けて−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100608_1.htm

○電子状態の違いを検知する新しい分子吸着現象を発見−酸素と窒素の超高効率分離技術の開発−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100607_1.htm

○絶対零度まで凍らないスピンの液体が示す不思議な性質を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100604_1.htm

○遺伝性難聴の病態を解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100528_1.htm

○神経疾患モデル細胞と正常細胞の酸化還元状態の違いを検知できるセンサータンパク質の開発に成功
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100525_1.htm

○電子スピンの向きを揃える半導体表面の作製に成功 (超低消費電力の半導体素子に向けての一歩)
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100518_2.htm

○微小物質を運搬できるナノメートルサイズの繊維でできた「分子の線路」を開発
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100518_1.htm

posted by Mark at 18:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

京都大学 研究成果

○細胞の原形質流動のしくみを解く 〜200年来の植物細胞の謎に迫る〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100323_1.htm

○日本における国家規模の市民除細動(AEDを用いた除細動)
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100318_1.htm

○ビールの華やかな香りをつくるホップの遺伝子の発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100318_2.htm

○宇宙天気予報の基礎となる太陽嵐の最新モデリングに成功
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100315_1.htm

○2次元空間に「最も重い電子」を実現
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100219_1.htm


posted by Mark at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

京都大学 研究成果

○ヒト治療用・再生医療向け細胞搬送容器ユニットを開発
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091218_1.htm

○生殖細胞のゲノムを利己的遺伝子から守る新たな蛋白質を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091215_1.htm

○生体リズム異常に伴う高血圧発症メカニズムを解明しました
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091214_2.htm

○たんぱく質合成のオン・オフスイッチを開発 (ヒトの細胞内で標的となるたんぱく質の生産を自在に制御−未来型の細胞機能制御テクノロジーの確立に向けて−)
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091214_1.htm

○iPS細胞研究を進めるための社会的課題と展望 −国際幹細胞学会でのクローズド・ワークショップの議論を基に−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091211_1.htm

○葉の気孔の数を増加させる因子の発見〜CO2削減や食糧増産へ向けて〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091210_1.htm

○100年来の謎に迫る−体の極性を決める仕組みを解明しました。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091208_2.htm

○AIDによるクラススイッチの際DNA切断を起こすのはトポイソメラーゼ1であることを発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091208_1.htm

○ゲノムに抗体の記憶を刻むAID蛋白質遺伝子(Aicda)の発現制御機構−何故非Bリンパ球にAIDが発現し、癌化が起こり得るのか−を解明しました。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091207_1.htm

○プロスタグランジンF受容体がTGF-βと独立して肺線維症を促進することを解明しました
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091130_1.htm

○自己フィーダー細胞を用いたヒトiPS細胞の樹立、培養に成功 −医療応用可能なiPS細胞作製に向けて一歩前進へ−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091202_1.htm

○神経軸索の成熟と髄鞘形成のメカニズムの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2009/091123_1.htm
posted by Mark at 05:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自動車免許、二輪の免許合宿は生協の合宿免許で。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。